スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追悼
2008年12月14日 (日) | 編集 |
081214-2.jpg
実家の中では一番新入りのフータ君が3日前に亡くなった事を昨日知りました。
ちなみに写真はこちら

フータ君は子猫の時に拾ったワケではなく
私の知らない間に実家で暮らすことになっていた猫ちゃん。

おそらくどこかで飼われていた猫ちゃんが迷ってうちに辿り着いたんだと思いますが。
だからとても人懐っこく、可愛い性格。
その上顔がめちゃくちゃ大きく、ものすご~くうすいアメショ柄ちゃん。

自分からうちに来たのに、すでにうちにいる猫たちに向かってフーフーといつも怒っていた事から名付けられたという。
でも、持ち前の懐っこさからいつのまにか他の猫たちとも打ち解けていました。

でも、顔が大きい割りに身体はちょっとガリガリで、おそらく前の家を出てうちに来るまでに事故にあったんだと思われ、右後ろ足は少しビコをひいていて、触ると怒るくらい痛かったみたい。
息すると鼻もピーピーしていたので、元々身体が弱かったんだろうな。

猫は自分の死を悟ると、人知れずいなくなる・・・と言われています。
現に、今まで数え切れないほどの猫を飼ってきましたが、
うちで皆に看取られて亡くなった猫ちゃんは3匹くらい・・・だったかな。(定かではないけど、すごく少ないのは事実)

それを思うと、うちの事を気に入ってくれてたのかなって思って、悲しいけどすごく嬉しい。
私は実家に帰った時しか会えなかったから、実際にはほとんど一緒にいた時間ってのは少なかったけど決して忘れない。


そういえば先日はM氏宅で飼っていたベタが亡くなりました。
名前はピロ。
081214.jpgちなみに絵はM氏画

ベタって闘魚って呼ばれるコップの中で飼えるっていう魚なんですが。
数年前にM氏の妹さんがゲーセンでとってきた景品くんだったんですが
日に日に弱って、先月お亡くなりになりました。
こういう事って重なるもんなんだなぁ。
季節の変わり目だからか月の満ち欠けとか潮の満ち干きが関係あるのかなんなのか私には分かりませんが。

二人(匹)の冥福を祈って。
天国でも元気に走り(泳ぎ)まわってね。
スポンサーサイト
テーマ:今日のイラスト
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
生き物は限りある命、でもわかっていてもなかなか受け入れられないこともあります。
多くのペットは人間よりはるかに命が短い。
別れがあるのは飼う以上宿命なんですね。
ご冥福をお祈りいたします。
2008/12/16(Tue) 12:44 | URL  | nana #-[ 編集]
>nanaさん
出会いがあれば別れが・・・
なんて言いますけど。ホント別れは辛いです。
ペットを飼うと決めた瞬間から必ずついてくるものではあるんですけどね。

ありがとうございます!
2008/12/17(Wed) 21:26 | URL  | ひらめ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。